無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。

2007年01月08日

永川勝浩投手が、2007年シーズンの公約として「60試合登板」を掲げる。


今年のテーマは「四球半減」。

中日の岩瀬が一けた(8)しかなかった事に比べて、自身は 昨季は65試合に投げ、抑えとしては48試合に登板。収穫の多い1年にも反省を忘れていない。70回2/3を投げて24四球と、制球に課題を残したからだ。

 今オフはとにかく体調維持に努めた。太りやすい体質であることを自覚し、食事節制と筋力トレーニングを徹底。年明け以降も自宅周辺のランニングや、廿日市市の大野屋内総合練習場でのキャッチボールで調整を続けている。「筋肉が増えたが、体重は変わらなかった。脂肪が落ちた感じがある」。高い目標を挙げた理由の一つに体調の良さがある。

 春季キャンプ地の沖縄に入るのは当初、2月1日を予定していた。しかし、1月14日に先乗りして自主トレすることに変えたことにも
今年に掛ける意気込みが違う。


posted by 疾風迅雷2002 at 16:45| Comment(38) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

広池のフォーム改造

北海道日本ハムのマイケル中村投手のフォームを見習って、足を上げた時利き腕を体の後ろに持っていく投法をマスターするらしい。
バッターから球離れが見づらくなる。

フォーム改造は去年、ボーク判定の改正?で多くの投手が経験した。
黒田も二段モーションの疑いが掛けられて、フォーム改造の結果、昨年は成功した部類に入る。

今は規制が厳しい投球フォームに関しては、広池の選択はいいヒントになるし、今後皆が生かしていったら 成績も上がって来るんじゃないだろうか?

posted by 疾風迅雷2002 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

来年の投手陣

去年、獲得した宮崎 上野が一軍でどれだけ数字を上げるか
それでチームの浮沈が決まるような気がします。

佐々岡は成績が下がることがあっても上がる事は無い。

大竹が大化けしない限り、現状戦力は変わらないから

新しい戦力がどうしても必要ですねぇ。
ブラウンさん!  今年は本当に頼みますよ!  去年はエンドランのサインを盗まれたりしましたが、広島は本来緻密な野球が持ち味だから

相手に裏をかかれることがあっては駄目なんです。

ここ10年くらいは、まるで草野球みたいでしたからねぇ。

得点力を増やす為には、盗塁を増やすこと!
今年はノーサインでどんどん梵や東出に走らせろ!

posted by 疾風迅雷2002 at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
勝率98.52%!超カンタン株式投資戦略!【冊子版】